企業&製品のマルチメディアコンテンツ
ホーム » 製品 » グラスライニング反応機

グラスライニング反応機

グラスライニング反応機は優れた防食性能を持つ反応容器です。高密度の二酸化ケイ素を含むガラスライニング釉薬を鋼製容器にスプレーします。そして、焼結工芸を通じて釉薬を金属表面にしっかり被覆させてます。そのため、グラスライニングはガラスの安定性や金属の高強度を同時に備え、複合材料として優れています。

Taiji、世界で一流のグラスライニング機器の製造者として、Kタイプ、Fタイプ、電気加熱型などの様々なタイプがあります。当社の製品は化学、石油、医薬品、農薬、食品、染料などの工業プロセスに広く適用されます。加水分解、中和、結晶化、混合、乳化および他の反応に適します。

    1. グラスライニング反応機, Fタイプ

      このグラスライニング反応機, Fタイプはカバーとボディを一体式にさせ、分離できないタイプです。そのため、オペレータのメンテナンスや部品交換をより簡単にさせるように、反応器の上にマンホールを設計しています。オペレータは中に入ることができます。

主な特徴
1. このグラスライニング反応機は高い耐食性、抜群した耐衝撃性、印象的な外観、強力な断熱性能、優れた耐摩耗性等に設計されています。
2.ドイツとアメリカの技術を結び合いた開発したTJ09高性能の釉薬を採用し、当社のグラスライニング反応機は酸やアルカリの耐性は優れているだけでなく、熱、圧力および機械的な耐衝撃性でも業界をリーディングしています。
3.高品質、信頼性と耐久性を兼ね、崩壊しにくい、Taijiのこの化学反応器は国内外のお客様から好評を博しています。
4.Taijiは様々な仕様の10,000セット以上の標準型グラスライニング反応機を年間生産しています。
5.お客様の要求に応じて、独特な反応機の設計と製造も可能です。
6.オープンタイプとクローズタイプの反応機が用意されています。