企業&製品のマルチメディアコンテンツ
沿革

1972年6月
Taijiの社長 Mr. Fu Guangshengのお父さん Mr. Fu Qi’enは、町の人々 を導いて、中国のグラス ライニング機器の最初のバッチを生成することに成功した。

1986年9月
Mr. Fu Guangshengは24歳で、グラス ライニング機器企業を開始した。

1989年12月
Zibo Taijiエナメル工場、Taijiの前身の会社が設立。

1993年9月
Taijiは 19 の株主のもと、グラス ライニング機器の製造事業を正式に操業開始した。

1994年6月
Zibo TaijiエナメルCo., Ltd.が設立され、1977 年以来グラス ライニング機器及び部品の製造、設計を主要な従業員がすべてが従事する。

1995年10月
Taijiは設計および国際水準のⅠ、II 圧力容器を製造する資格を得る。

1997年12月
中国では、ASME 証明書および国家の輸入・輸出許可を取得した最初のメーカーとなる。

1998年10月
代理店契約を結びアメリカ、ブラジル、ロシア、インドなどの国に発展させ、広く当社のグラスライニング機器を輸出。

1999年10月
Taijiは、中国ガラスコーティング業界で最初のISO9001 認証取得をしたことで知られている。

2000年03月
独立のち、大容量サイズのグラス ライニング機器を作るための技術を開発。

2001年08月
非標準のグラス ライニング機器を、数多く日本に輸出する。短期間にもかかわらず納期を実現し、厳格な品質検査に合格。

2003年09月
Taijiは、約6億円を設備投資し140,000 m2以上の工業団地を構築する。同年、国内有数のガラスライン機器生産ラインを導入。

2003年11月
デザインと国際標準クラスⅢ圧力容器用製造ライセンスを取得。中国の大手グラスライニング製品メーカーになる。

2004年05月
Taijiは30 以上の特許を取得し、山東省スター企業として評価を得る。

2005年07月
100,000 L のグラスライニング機器に適用される特許取得済みの電気炉の構築に約4億円を投資する。

2006年12月
Taijiは、グラスライニング機器において山東省の有名なブランドとする称号を得た。

2007年01月
最初の 80,000 L スチール 製グラス ライニングタンクはTaijiで製造される。

2007年02月
PED認証を取得し欧州市場を模索し始める。

2008年03月
Taijiの機器はのべ世界 23 の国と地域に輸出された。

2008年05月
国際規格に準拠するTJ09 エナメル質の耐酸性・アルカリ性の製品を開発した。

2008年08月
従業員福利厚生のため、120 の高級住宅と 社員寮として4 つ星寮を 200戸を12000万元かけて整備した。

2009年03月
Taijiがシ博市市営レベルのデモ企業になる。

2009年09月
中国のグラス ライニング機器メーカーでISO14001 を初めて取得する。

2010年06月
世界中で有名なグラス ライニング機器メーカーがTaijiを訪問する。

2010年09月
会社保養所として三亜市に30 の住宅を購入する600 億元超を費やした。

2012年02月
納税額は、2000 万元を超えました。

2014年12月
Taijiで300人の技術者を含む、1,000人以上の従業員が働いています。純資産 5 億元に達しました。当社のグラス ライニング機器の年間生産量は、Zibo市で競合他社の数十社の合計よりも高かった。

2015年03月
ステンレス圧力容器と高水準グラス ライニング機器生産のための工場を構築する。 5000万元 (約 800万米ドル) を設備投資しました。

    Zibo Taiji Industrial Enamel Co., Ltd.

    Add.: No.100, Taishan Road, New Century Industrial Park, Guoli, Huantai District, Zibo City, Shandong Province, China

    P.C.: 256414

    Tel.: +86-533-8409980

    Fax: +86-533-8409960

    E-mail: tj@taijitbl.com

    Quick Response Code